メニュー

 


A Swingとは、一見特殊なスイング理論に感じますが、実はとてもシンプルで理にかなったスイングの方法なのです。

あなたは
スライス、ひっかけ、シャンク、ダフリ、トップ、球が高い、上がらない、飛距離が出ない、安定しない、芯に当たらない、、、


こういった問題に、人のアドバイスやレッスンなど、様々な方法で対処しても、なかなか本質的に改善しないと感じていませんか?

雑誌に出ている、あるいは普通のレッスンで使われている一般的なスイング理論は、プロやジュニアなどのように、毎日練習できて、かつ才能や時間に恵まれている人ならば、習得できるかもしれません。

しかし、ふつうはそんなに多くの時間をゴルフに使うことは難しいものです。


自分のスイングやショットの問題を短時間で修正できて、その方法がいつでも効果を発揮し、コースでのプレーでも同じように上手くいく方法があるとしたら試してみたいと思いませんか?

そんなあなたの想いを実現するのが、A Swing なのです。

ボールの飛ぶ方向や質は、クラブがボールに当たるインパクトのわずか1/2000秒の瞬間で決まります。
A Swingは、そのわずか1/2000秒しかないインパクトを、安定した動きに修正できる理論なのです。

現状のゴルフに満足せず、「なんとかもっと早く確実に上手く打てるようになりたい!」

そんなあなたが、貴重な時間を短縮し、迷わず練習に打ち込めるようになるには、何千人ものゴルファーでテストし、その効果が実証された理論を取りいれるべきではないでしょうか?


例えば、
「スライスするなら、もっと手を返せ」
「フックするのは肩が回っていないからだ」
「脚を使え、使うな」
「コックしろ、するな」
「頭を動かすな、動かせ」
「もっとインサイドから下せ」
「手首をリリースしろ、するな」・・・


こういった一般的によく聞く対処は、表面的なその場しのぎの対処なので、たまたま上手く打てることがあっても、すぐに上手く行かなくなってしまいます。
良いアドバイスだと思ったことが、しばらくするとなぜか上手く打てなくなる、そんな経験がありませんか?

それは、その修正の方法が表面的な部分だけを修正しようとするやり方だから起こることなのです。


ショットが安定しない事、あるいはなかなか無くならないミスショット、これらはインパクトが安定した良い動作になっていないからですが、

実は、インパクトの問題は、それ自体を直そうとしても決して治るものでは無いのです!


インパクトというのは、スイングが始動してからそこまで来る間に、「どのような経緯を経てきたのか?」の結果が表れるものなのです。

A Swingは、あなたのスイングの問題の発生点を修正することで、インパクトまでの悪い流れを変えて、安定して上手く打てるインパクトへとスイングを導いてくれるものなのです。

人によってスイングの問題が発生している部分は様々です。


しかし、あなた特有の問題の発生点を正しく見極めたうえで、A Swingに取り組めば、インパクトのしくみが安定し、ショットが即、改善されます。

そしてなにより良いのは、良いショットの感覚が無くなってしまわずに、いつでも再現できるようになることです。


「こうすれば安定して上手く打てる」というご自分のポイントが分かり、そしてそれがいつでもどこでも役立つポイントならば、どんなにか嬉しいでしょう!

これは決して難しいことではないのです。


A Swingに興味を持ったあなた、A Swingに限らず、どのような理論で取り組む場合でも、上達するには正しい練習を行うことが必須です。

あなたがなかなか上達できないのは、練習のやり方に問題があるからかもしれません。


効果の出る正しい練習の方法を記載した特別なレポートをご覧になってみてください。


無料にて差し上げています。


特別レポートをご覧いただくには、こちらをクリックしてください

Join the A-Swing All Access Training Team

デビッド・レッドベターは、ゴルフの長い歴史の中でも、世界で一番認められたインストラクターです。デビッドの新しい本「The A swing」は彼の著書としては約10年ぶりに出版されました。これは、世界中の数えきれないゴルファーを上達へと導いた彼のスイング理論がさらに進化したものです。彼の教え子のツアープレーヤーは、合計で20のメジャータイトルを獲得しました。またデビッドは30年以上の経歴の間、本、ビデオ、練習器具を世に送り出しました。それらは、それぞれのレベルのゴルファーが持っている最大のポテンシャルを引き出すのに、大きな助けとなってきました。

「The A swing」のAは英語の「Alternative」の頭文字で、選択肢あるいは代替のという意味があります。
とてもシンプルなスイングであり、しかしながら生物力学的に、あるいは科学的に実証され、そしてさらに、最小限の練習で効果が出るものです。
「The A swing」はビギナーからツアープロ、ジュニアからシニアまで、徹底的にテストされ、まさに、劇的と言える結果が得られました。「The A swing」は一貫した再現性のある動きを生み出し、そのことはショットの正確性と、飛距離の向上、そして、さらに体に優しいスイングとなります。

「The A swing」はゴルファーの典型的な数多くの欠点を修正します。
また、本はステップバイステップで、あなたを上達へと導きます。本の中には、200以上のイラスト、簡単にできる修正ドリル、そして、7分間練習プランが含まれ、今まで夢を見ていたようなプレーを実現するチャンスを与えてくれます。ゴルフはフラストレーションのたまるゲームです。それは、トッププレーヤーにとっても同様です。しかしながら、「The A swing」はゲームを優しく、楽しいものに変えてくれます。「The A swing」は長年変化のなかった、ゴルフの教え方をも完全に変える可能性があります。
そして「The A swing」の理論は、型にはめる指導法ではなく各ゴルファーの能力、体力に合わせて、応用ができる許容範囲がとても広いのが特徴です。デビッドは、「The A swing」が、ゴルファーがもっとゲームをエンジョイできるように助けられることを、大変喜んでいます。「The A swing」は素晴らしいゴルフへの近道です。あなたがどのレベルのプレイヤーでも、目標が何でも、どんなに悩んでいても、「The A swing」はあなたのゴルフライフを変えてくれるでしょう。

本物の 「A Swing」 のレッスンを体験できるのは、日本で当校だけです。
短期の研修などで「A Swing」を学んだインストラクターでは、効果のあるレッスンはできませんので、ご注意ください。

 

ゲーリー・プレイヤー
トーナメント165、メジャー9勝、グランドスラム達成

私は、デビッドとは彼が少年の時からの知合いです。彼はゴルフ界に大変貢献しました。彼は私が見た誰よりもゴルフのことが大好きなのです。
そして、簡素化された「The A swing」は再びゴルフ界に偉大な貢献をしました。デビッドは世界中を飛び回り、ゴルファーが完璧になる手助けをしています。もしデビッドより優れたゴルフの先生がいたら、是非とも会いたいものです。彼は何人もの世界ナンバーワンプレーヤーを指導しました。それが論より証拠!
「デビッド、世界で最高のゲームのために貢献してくれてありがとう。」

image04

リディア コー
世界ランキング1位、USLPGA10勝
2014 ルーキーオブザイヤー
2015 The Race to the CME Globe勝者
2015 USLPGA プレイヤーオブザイヤー
2015 USLPGA賞金女王
史上最年少メジャーチャンピオン

デビッドとの練習はとても楽しいものです。大変多くのスイングの基礎について、また、体や筋肉がどう動くか教わりました。私は将来がとても楽しみです。そしてあなたがデビッドの「The A swing」を試せば私と同様にゴルフが楽しくなるでしょう。そしてあなたのゴルフ上達の大きな手助けとなることは間違いありません。

 

シミン フェン
2015 USLPGA クアリファイングスクール
7打差でトップ合格

私はジュニアゴルフの経歴の終盤の時期はスランプでした。しかし、デビッドと「The A swing」を実践するようになり、私のゴルフはすっかり好転しました。今では私のスイングはとても管理しやすく、定期的に数分間デビッドに見てもらうだけで完璧に戻ります。USLPGAで活躍できることを楽しみにしています。

 

aswing

 

J.J Rivet (生体力学者)      *生体力学=バイオメカニクス

世界で最も権威のある生体力学者の一人。

運動中にどう身体が動くか、特にゴルフスイングに精通しています。
彼の専門分野は、非効率的な動作を検出し、必要とする動作をする為の解決法を提供することです。彼は1985年から、様々な大学で、この分野の講義を行っています。その中にはフランスの、Aix-Marsaille 大学そしてMontpellier 大学が含まれます。J.J Rivetは以前ヨーロッパPGAツアーのコンサルタントも行っていました。現在、フランスで「Biomeca swing」の研究を行っています。

1998年デビッド・レッドベターは、ゴルフスイング中の体の動きの理解を深めるために、私をフロリダにあるアカデミーの本部に招いてくれました。デビッドのスイングメカニズムと私の応用バイオメカニズムの知識の出会いは、ゴルフのプレーに必要な筋骨格の動作システムに関する壮大なディスカッションに発展しました。
その議論をきっかけとして、私たちは共同で調査を始めました。4000以上のゴルファーのスイングを対象として、研究し、効率の良い、いつでも繰り返せるスイングをするには、身体の動きをどうしなければならないか導き出そうとしました。

調査で集積したデータをもとに出したデビッドの結論は、伝統的に教えられているスイングより、簡単な方法でクラブを振る方法が有るという事でした。
テレビで毎週見るツアープロのスイングは、腕で調整して良いショットを打っていました。しかし、ゴルフを継続的にプレーした人なら分かると思いますが、マスターするのはとても難しいものです。それが、デビッドが「The A swing」を考案した理由です。彼は莫大な調査をし、もっと容易に良いショットを繰り返し打てる、しかも長年練習を積み重ねる必要がない、新しい、クラブを振る方法を考案したのです。

私がそう言えるのは、私は「The A swing」を詳細まで検査したからです。デビッドにその動きを、科学的見地から、徹底的に評価するよう依頼されました。そして、従来からのスイングも同様に評価し、比較をしてほしいとも依頼されました。とてもパワフルで、ダイナミックな、しかし、まねをするのはとても難しいツアープロのスイングを考えてください。例えばローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ミッシェル・ウィーです。デビッドは「The A swing」が価値のあるものとするため、高レベルで検査するよう念押ししました。ツアープロは、その素質、技術の高さ、そして長時間に渡る練習の結果、従来からのスイングでも、高速度でクラブフェースをインパクトでスクエアにすることが可能です。
しかし私の検査が証明したことによると、同様の選手が「The A swing」で同様のショットをした場合、必要とされるエネルギーと動作は、より少なくて済むという事です。

動作を正確に繰り返すためには、目標はその動作をするために必要とされることを、簡素化することです。ヘリコプターのプロペラを考えてみてください。1分間に500回もよどみなく完璧に繰り返し回転しないといけません。さもないとクラッシュしてしまうかもしれません。そのことを知っているので、技術者は固定された軸を中心に回転するように製作しました。この固定された点が、プロペラを安定して、そして同じ軌道を回転することを保ちます。言い換えれば、それが、信じられないほどの一貫性を保っているのです。

ゴルフスイングでの体、腕そしてクラブの動きは全く同様ではありませんが、たくさんの似た点はあります。あなたの体を中心軸、そして腕とクラブをプロペラとイマジネーションしてください。プロペラの効率的な動作と同じように、「The A swing」は無駄な動きを削減し、体が必要とする動きを簡素化し、体を中心として腕がクラブをスイングします。そして、素晴らしいショットを次から次へと生み出してくれます。


私がテストした「The A swing」と従来のスイングとの比較結果は次の通りです。

■バックスイングにおいて安定した下半身に対して、上半身を適切に捻るのに必要なエネルギーは30%低かった。
(効率よくエネルギーを出せるということ=地面を使ってさらに力が出せた)

■コアマッスルの力強い動作により、体の捻転が増した。

■体の動きが安定し、それによりクラブの動きも安定した結果、インパクト直前に良いショットを打つために瞬間的に調整する動作が減少した。=動きがシンプルになったということ

 

■フットワークのバランスが向上した。バックスイングとフォロースルーの体重移動が、より左右対称になった。
バックスイングでは右かかとに、インパクトの直後は左かかとに、今までより45%増の体重がかかった。これはダウンスイングでの腰の回転が改善され、体に邪魔されることなく、適切な軌道でクラブをスイングできたことを意味する。

 

■良いバックスイングをするために、手が動く距離は従来のスイングより20%少なくなった。手とクリップエンドが動く距離は短くなったが、面白いことに、いくつかのケースではクラブヘッドは15%従来のスイングより長い距離を動いた。これはリストコックを十分に使えたことに起因する。このさらにコンパクトな、効率の良いバックスイングは繰り返し行いやすく、そして、距離を伸ばす可能性を秘めている。

■バックスイングのトップで、ねじれのパワーが増大した。肩の回転は筋肉の同調により10%増えた。


■体の重心の移動が15%少なくなり、バランスを失うことなく切り返しの動作をたやすく行えた。

■従来のスイングと同様のパワーを生み出すのに、必要とするエネルギーは、ダウンスイングでも30%少なかった。ほぼ同様のスピードでクラブをスイングしても、「The A swing」は体の回転と、腕とクラブの動きの同調がより優れているため、インパクトの正確性が増し、打ち出されるボールのスピードが増した。

■スマッシュファクター(クラブヘッドスピードと打ち出されたボールスピードの比率)が8%増した。言い方を変えると、ゴルファーはよりスイートスポットに近いところでボールをとらえることが出来るようになり、飛距離が伸びた。

要約すると、「The A swing」は体のひねりのパワーが増大して、腕の無駄な動きがなくなり、スイングがよりシンプルになるということ。通常のスイングよりさらに効率的で、体に優しく、たやすく身に付けることが出来るという事です。
そしてなにより、これが大事。 うまく打てるのです!!